インテルの7nmチップ開発、予定より半年遅延

Intelは米国時間7月23日、2020年第2四半期決算の報告に合わせ、7ナノメートル(nm)プロセスで製造するチップの開発が予定より約6カ月遅れていることを明らかにした。7nmプロセスの歩留まりが目標より約12カ月遅れているためだという。一方で10nm製品については、需要が増加していることから、2020年に「移行を加速する」としている。 提供:Angela Lang/CNET 「当社は、歩留まり …
(Orginal – Story lesen…)